<<    1   [2]   3   >>   
2015年01月19日(月)

しろくまちゃんのほっとけーき

「しろくまちゃんのほっとけーき」
わかやま けん (著)


「こぐまちゃんえほん」シリーズは、お母さんやお父さんには懐かしい絵本ではないでしょうか?  この絵本の特徴は、テレビではなく演劇を見るような、静かでも動きのある場面の連続です。ですから、最初の場面からしろくまちゃんが、「わたし ほっとけーき つくるのよ」と言って登場します。 この登場の仕方は、緊張というか、期待感というか、子どもの心を一度に掴む方法ですね。 さてさて上手にほっとけーきは焼けるのでしょうか?

続きを読む...

2015/01/19 22:22 | 子供が食いつく本

2014年09月27日(土)

まねっこあそび

「まねっこあそび」
たけい しろう (著), セキ ウサコ (イラスト)


絵本の大きさは、ちょうど折り紙と同じくらいの正方形。子供たちが動物の物まねをするという単純なものです。でも開いたページそれぞれに、子供の喜ぶ楽しい仕掛けがあるので、お友達と一緒に遊んでいるような気持ちになれるのです。お母さんやお父さんが、お子さんのキャッキャッという笑い声と笑顔を引き出してください!

続きを読む...

2014/09/27 22:39 | 子供が食いつく本

2014年02月15日(土)

うずらちゃんのかくれんぼ

「うずらちゃんのかくれんぼ」
きもと ももこ (著)

うずらちゃんと ひよこちゃんが かくれんぼをしましたよ。
二人とも とても上手に隠れるんですが、必ず見つかるという他愛もないようなお話の中に、隠れた二人を見つける喜びや、見つけた子供はニヤニヤします。
秘密を持ったワクワク感があるのでしょうか、他の人が見つけるまでのドキドキ感でしょうか? 小さな子供にも受けるんですよ。

続きを読む...

2014/02/15 23:24 | 子供が食いつく本

2013年12月12日(木)

ノンタン サンタクロースだよ

「ノンタン!サンタクロースだよ」
キヨノ サチコ (著)

今年も押し迫って、最後の行事がクリスマスですね、私も子供の頃はあこがれたものでした。
さて、その大イベントにご紹介する絵本は「ノンタン」です!本屋さんで数あるクリスマス本から、小さいながら元気をくれるノンタンの笑顔に惹かれました。
日本人にとってクリスマスは宗教行事ではありませんから、「クリスマスの精神とは?」が問われることはありません。ノンタンのように明るく、楽しくいきたいものです。

続きを読む...

2013/12/12 11:36 | 子供が食いつく本

2013年08月11日(日)

むしむし レストラン

「むしむしレストラン」
しもだ ともみ (著)

この夏休み中、皆さんの子供たちは、どれだけ虫たちと出会ったでしょうか?
「キャ~ むし!!」と嫌われる事の多い虫たちですが、大切な地球仲間たちでもあります。
この本を読んでみたら大好きになりますよ! 間違いなし♡

続きを読む...

2013/08/11 12:32 | 子供が食いつく本

<<    1   [2]   3   >>   

広告