2014年02月15日(土)

うずらちゃんのかくれんぼ

「うずらちゃんのかくれんぼ」
きもと ももこ (著)

うずらちゃんと ひよこちゃんが かくれんぼをしましたよ。
二人とも とても上手に隠れるんですが、必ず見つかるという他愛もないようなお話の中に、隠れた二人を見つける喜びや、見つけた子供はニヤニヤします。
秘密を持ったワクワク感があるのでしょうか、他の人が見つけるまでのドキドキ感でしょうか? 小さな子供にも受けるんですよ。

私はうずらちゃんとひよこちゃんの姿かたちや色がとっても素敵だと思います。花の中にかくれたうずらちゃんの見事な変身ぶりに感心しますよ。ひよこちゃんが隠れたひょうたんだって予想外の事です。こんな絵を描けるなんて、色彩感覚がすばらしいですね。
雨が降って来た時、心細くなった二人に大きな影が見えるんですが、この時の二人の目に感動すら覚えました! 幼児さんにとっても、お母さんとはぐれたさみしい時の怖い体験を思い出させるシーンですが、山場を的確に描いています。次のページに進む前に時間をかけてみましょうね、次のシーンを盛り立てますよ! そうです、子どもの心が喜怒哀楽にかき回される事請け合いです。ぜひ時間に余裕がある時読んであげて下さいね。

2014/02/15 23:24 | 子供が食いつく本


広告