2017年10月22日(日)

でんぐり でんぐり

「でんぐり でんぐり (けんちゃんとあそぼう 2)」
くろい けん (著)

元気な2歳くらいの男の子なら、でんぐり返しをしてみたいでしょうね、だって、身体が元気に動くんですもの。

主人公のけんちゃんも、やっとできたでんぐりを、よいしょっとやってみますが、お友達の動物たちも一緒にやってくれました。みんなでやると楽しいね、けんちゃんは何回も何回も、みんなで一緒にやっています。泥んこになっても楽しいんです、もう一回やろうね!

 作者は黒井健さんで、絵も描いている作家さんです。このけんちゃんシリーズは、3巻あります。どれも2~3歳児の好奇心に溢れた、やってみたい気持ちを満足させてくれる絵本ではないでしょうか。つまり、何でもないと思える絵の中に、絵の中のけんちゃんや動物たちと一緒にやってみたいと思わせてくれる、力量のある絵本なのです。その上、黒井さんは絵の力があるので、淡いけど薄くなく、泥んこの可愛い足あとなどが、しっかりと描かれていて感心しました。実はこのシリーズは、黒井さんがご自身のお子様の為に描かれたものなので、子供をよく理解して描くことが出来ているのです。ぜひ一度お子様と一緒に楽しんでみてください。絵本に縛られずに、自由に遊べること請け合いです!

2017/10/22 18:27 | 子供が食いつく本


広告